夫婦生活日記

【卒乳レポ】1歳0ヶ月でさくっと終わった完母の日々

1歳の誕生日を迎えて数日後、娘はお乳を卒業しました (ノ゚ー゚)ノパチパチ

全く手こずることなくあっという間の卒乳だったけど、結構な節目(?)だと思ってるので備忘録がてら思い出がてら、記録しておきます。

スポンサーリンク

卒乳までの経緯

こちらとしては欲しがるまであげよう〜と気楽に構えていて、特に卒乳を急いではいませんでした。

娘は序盤から離乳食も問題なくよく食べてくれるし、マグでの水分補給も上手にできていたので、自然と離乳が進んだ感じ。

数ヶ月前から朝起きてすぐと寝る前の2回だけ授乳にしてたけど、おっぱいを出されたら「飲むか」位の軽い食いつきで(寝る前だけは「あっそういえば飲みたかった!」という感じ)、もうあんまり欲していないのかな〜と思ってました。

元々娘はおっぱいへの執着がなく、胸を叩いたりしてねだられたこともない…。

授乳をしてると夜の行動が制限されて不便ということもあって、離乳食は充分食べてるし1歳になったし、「朝の授乳やめてみようかな」から始まりました!

卒乳のスケジュール

卒乳準備:2日前から朝の授乳をやめて寝る前だけに

朝起きてすぐ授乳してたのをやめてみました。

娘は「おっぱい毎朝飲んでたの覚えてる????!!!」と聞きたいくらいあっけらかんとしてて、起きてすぐおもちゃで遊んでた……。(母はちょっと悲しい)

卒乳1日目:お父さんとぐっすり就寝

朝の授乳をやめたのが意外と問題なかったので、「これいっそ卒乳できるんじゃん???」と思い立って急遽卒乳実施。

夫に寝かしつけをお願いして私は外出(カフェに行きたかった)。手こずるかと思いきや、ぐっすり寝たようで安心。夜中も起きることなく、むしろいつもより眠りが深かった気がする。

卒乳2日目:朝起きたら喉が乾いてるよう

特におっぱいをせがむこともなく朝を迎えました。朝イチで飲んでいたおっぱいがないので代わりにお水をあげるとガブガブ飲む。

夜はなかなか寝付かず、いつもなら19時には就寝してるのに寝付いたのは20時半。でもおっぱいを欲している素振りはなく、おもちゃで遊んだり気が散っている感じでした。

私の乳房はそこそこ張っていて、硬いしこりもあり軽く押されると痛い。朝と夜(入浴時)にしこりをほぐすように手で絞って楽になりました。

卒乳3日目〜:おっぱいのことは完全忘却

おっぱいの存在はもう忘れてしまったよう…。お風呂でおっぱいを見せても「なあに?」という反応。

こんなあっさり………???

私の胸は、朝は若干張ってて強く押されると痛む程度。 授乳の需要がないことにだんだん身体が順応していっているのがわかる。左に軽めのしこりができていたので夕方のお風呂で少し絞っておきました。
4日目以降は張りもなくなった!

卒乳後の娘の変化

夜の就寝時間が遅くなった

卒乳をするまで、夜は18時半ごろにはうとうとして19時までに就寝していた娘。

しかしおっぱいを飲まなくなってから、下手したら21時すぎまで寝ないことも…。

平均的には19時半〜20時半くらいに寝るようになりました。

食欲が増した

一番の大きな変化といえばこれ!

以前から問題なく食べていた娘だけど、ごはんの後半になると食べる勢いが失速して最後は嫌々食べるようなシーンもありました(その頃は軟飯80g+おかず)。

そんな娘が卒乳してからはすっごく食べるように!ごはんの前は駄々をこねてねだるようにもなりました。

今はごはんの量は10~20g増やして、おかずに加えてスープなどの汁物も足して、満足してくれてます。

以前は小さいお口しか開けなかった娘の全開あーんが見られるようになった!

卒乳後の私の変化

食欲が減った

娘とは逆で、おっぱいの供給がなくなった分、やはり以前より食欲は落ち着きました。

私たちの場合、がぶがぶ飲んでいたのを突然やめたわけではなく以前から飲む量も減るように意識していたこともあって、食欲も自然に下降線を辿っていきました。

授乳に縛られない生活!

回数が朝晩の2回に減ったあたりから、外出時の洋服を授乳を前提として選ばなくても良いという解放感を味わってました。

それがさらに進んで、自分の身体は娘と自分のために管理しなければならないというプレッシャーから解き放たれた!好きな服着ていい!好きなもの食べていい!(食べなくてもいい!)最高!

授乳をしみじみと振り返る

あっという間の1年間……。早かった……。

幸い母乳の出も娘の飲み方も問題なく、助産師さんたちに優秀マークを付けられる最強の完母ペアだった私たち。

とはいえ入院中は慣れない授乳で乳首がズタズタに切れてシャワーの時は痛みに呻いたり、カチコチに張ってうつ伏せできなかったことも。

母乳で服がびしゃびしゃになるから母乳パッドが手放せなかったり、外出時は予めママパパマップで授乳室を調べておいたり、時にはカフェや電車内で授乳ケープを使って授乳したりしてた。

乳首を噛まれたり(怒ったら数回でやめた、偉い👏🏻)、寝てたら娘が勝手に胸を出しておっぱい飲んでたり、ふざけてお風呂で飲んだり、娘のお口はいつもヨーグルトの香りがしたり……………。

(もっと思い出ある!!!!!!!!!!)

小さな娘の生命維持のためと必死で授乳してたら、知らず知らずのうちに自ら食べるごはんだけで栄養を賄っていけるほど成長した!

ありがとう神さま!!!

あーちゃん
あーちゃん

そして1年間お疲れわたし!

この記事を書いた人
あー

りょうの妻。
1992年生まれ。都内在住・広島出身。
美大 油画科中退 → 専門学校 ビジュアルデザイン科卒。グラフィックデザイナーとして社内受託案件 → リクルートG企業に常駐。現在は専業主婦!

あーをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マムレ日記|クリスチャン夫婦のセミリタイアとホームスクール
タイトルとURLをコピーしました