聖書・クリスチャン向け

【レビ記】さくっと学べる聖書の書簡まとめ

スポンサーリンク
さくっと学べる聖書の書簡まとめ

聖書の書簡(全66簡)を創世記から黙示録までひとつずつ、さくっと簡単にまとめよう!という妻・あーの試み。
備忘録として、簡単な学びのシェアとして記録していきます。通読のお供にぜひどうぞ。

あーちゃん
あーちゃん

「レビ記」をひと言で説明すると、
聖い神と人が交わりを保つ方法

アウトライン

大きな分類
  • 神に近づくための犠牲と祭司(1~10章)
  • 汚れからの分離と祝福の約束(11~27章)
細かな分類
  • 神に近づくための犠牲と祭司(1~10章)
    • 全焼のささげ物
    • 穀物のささげ物
    • 交わりのいけにえ
    • 罪のきよめのささげ物
    • 代償のささげ物
    • 祭司の任命
  • 汚れからの分離と祝福の約束(11~27章)
    • 諸規定
    • 贖罪の日
    • 祭司への規定
    • 聖なる祭り
      • 過越の祭り
      • 種を入れないパンの祭り
      • 初穂の祭り
      • 五旬節の祭り
      • ラッパの祭り
      • 贖罪の日
      • 仮庵の祭り
    • 安息年の規定
    • 祝福の約束

著者・背景

モーセ五書

旧約聖書のはじめの5つの書(創世記・出エジプト記・レビ記・民数記・申命記)は、
ヘブル語で「トーラー(Torah)」と呼ばれ、もともと一つの書としてモーセが記したものとされている。

5つの書簡をそれぞれ切り離して考えてしまいがちだが、著者はモーセ五書全体で伝えたいことがある

レビ記の著者(Who)

  • モーセ

エジプト生まれのレビ人。
父・アムラム、母・ヨケベテ、兄・アロン、姉・ミリアム。

レビ記の時期(When)
  • 幕屋が建設された4月1日(出40:2,17 / レビ1:1)から、イスラエルの民がシナイ山を出発した5月20日(民10:11)の間の出来事。
レビ記が書かれた目的(Why)
  • カナンの地に入るイスラエルの民(出エジプトを経験していない第二世代の人たち)に向けて、なぜカナンの地に入るのかどのような約束があるのかを伝えるために書かれた。
  • 祭司職を担うレビ人のためのマニュアル書。
書名(Title)

「レビ記」という書名は、70人の学者によって翻訳された際に付けられた。

ヘブル語の書名は「ヴァ・イック・ラー」:「そうして彼(神)はお呼びになった」。

神に贖われた者が神の御前に近づき神と交わり神を拝し神の聖さに与らせるために、神が人々を呼ばれたということ。

レビ記から学んだこと

聖い神の願い

堕落した民をエジプトから贖い、幕屋が完成して最初に神が語られたのが人が神と交わるための方法・交わりの内に保たれるための聖い歩みについてだった。

神は事細かな規定を与えてイスラエルの民を支配したいのではなく、交わりを持ちたいと願い求めてくださった。

全焼のささげ物

5つのささげ物の筆頭に記されているのが、神への献身を表す自発的なささげ物、全焼のささげ物。

動物を捧げる時に目の前で動物が死んでいくが、本来は人間がそうなるべき存在であることを示している。その喉を掻き切って殺す度に、人々は罪が招くものが死であることを確認させられた。

動物の頭に手を置くのは、裁きを受けなければならない自分に代わって、動物にその裁きを受ける使命が移行したことを表す。

人は罪のゆえに、神との交わりを壊し聖なる神を怒らせ神の裁きのもとに置かれている。その事実が、いけにえを伴う礼拝行為によって繰り返し示された。

聖なる国民

聖書は神を「聖いお方」として教えている。

聖い」とは他のすべてのものとは「違う」という意味。

神はご自分の民にも同じように「聖さ」を求め、他の民族と違う生き方をして欲しいと願っておられる。細かく定められた犠牲の種類・食物規定などの律法に、この神の「聖さ」が反映されていた。

日常生活の中でこれらの規定を守るイスラエルの民に、自分が神の民であることを思い出させた。

わたしは、あなたがたのただ中にわたしの住まいを建てる。

わたしはあなたがたの間を歩み、あなたがたの神となり、あなたがたはわたしの民となる。

レビ記 26:11,12

あーちゃん
あーちゃん

律法って縛りが多くて堅苦しいイメージあるけど、人が神さまと交わるための方法って理解すると180度見え方が変わる…!

この記事を書いた人
あー

りょうの妻。
1992年生まれ。都内在住・広島出身。
美大 油画科中退 → 専門学校 ビジュアルデザイン科卒。グラフィックデザイナーとして社内受託案件 → リクルートG企業に常駐。現在は専業主婦!

あーをフォローする
スポンサーリンク
マムレ日記|クリスチャン夫婦のセミリタイアとホームスクール
タイトルとURLをコピーしました