日記

30代男性クリスチャンが考える2021年の目標

スポンサーリンク
りょう
りょう

こんな疑問をお持ちの方におすすめの記事!

  • 今年の目標を決めかねている人
  • 最近子どもが生まれて親になったばかりの人
  • 仕事や健康、趣味において目標が見当たらない人

2021年もすでに3月が終わりました。年始に立てた目標を達成できる気がしないと悩んでいます。

目標達成のコツは習慣化とゴールイメージらしいので、私も2021年の目標に向けてゴールイメージと習慣化に取り組む事にしました。

この記事では最近子どもが生まれて父親になった30歳が考える2021年の目標を紹介します。

あなたの2021年の目標設定や、それを実現するための具体的なアイデアの助けになれば嬉しいです。

夫婦の絆を育むために夫として目標を持つ

人生で一番大切なものといえば家族、その中でも特に夫婦です。

夫婦の絆を育むのはとても根気がいることですが、人生で最も価値のあることですから取り組む価値は計り知れません。

妻を全力で愛するために、1人になる時間を確保する

毎朝5時、遅くとも6時には起きて1人の時間を確保します。

なぜなら私にとって1人になって何かに没頭することでリフレッシュになり充実感を感じるからです。

心に余裕が生まれ妻や子どもに対して愛を示しやすくなります。

また夫として家族を養うために1人で勉強や黙想をする時間が必要です。

1人の時間を確保するからこそ、夫婦や家族で過ごす時間を全力で過ごせるようになります。

妻を愛するために、まだ暗いうちに起きて1人の時間を確保していきたいです。

さて、イエスは朝早く、まだ暗いうちに起きて寂しいところに出かけて行き、そこで祈っておられた。

マルコの福音書 1章35〜37節

夫婦の問題を信頼できる先輩夫婦に相談する

問題はない夫婦はいない。だからこそどう取り組むかが大切です。

そのため夫婦の問題を知恵と経験のある先輩夫婦に相談していきたいです。

なぜなら建設的な助言を得ることで歴史に学ぶことができますからね。

実は私の妻は何か決める時に悩み始めると「◯◯さんに相談にいこう」とすぐ言うのです。

私はこの妻の姿勢にふれる中で、これは私には無い大切な姿勢であると気がつかされました。

夫婦の問題はつい外に話しづらいですが、だからこそ相談できたときに得られるものも多いと思っています。

つまらない問題でつまづかずに妻を愛していけるように、相談する姿勢を養いたい1年です。

 よく相談しなければ、計画は倒れる。

 多くの助言者によって、それは成功する。

箴言 15章22節

親として成長するために父親として目標を持つ

先日第一子が無事生まれました

この子が育つ中で親の影響はとても強いです。

父親として愛する我が子を育てることができるように、父親としての成長を求めていきます。

子どもをお世話することで親子のふれあう機会を増やす

子どもとふれあうことで父親としての自覚を育んでいきたいです。

育児休業は限られた期間だからこそ、特に子どもと触れ合うことを意識していきます。

たいしたことはできないけれど、抱っこを惜しまず、おむつを喜んで交換し、お風呂も楽しんで、一緒に散歩に行き、一緒にお昼寝する。

そんな親子としての日常を大切にしていきたいと思っています。

現実的には親が子どもを養うことになりますが、子どもを通して親が成長させられていきます。

子育てに関する本を5冊読む

子育てに関する本を5冊以上読みます。

何事も勉強しないと何がいいかわからず、我流で取り組み失敗をすることになります。

親は自分が育てられたように子どもを育てていくので、親として正しい子育てを学ぶ必要があると確信しています。

具体的には以下の5冊を予定してます。いずれも聖書的な愛に基づいた子育てについて学べる良書です。

読めたら1つ1つ記事にして紹介します!

 若者をその行く道にふさわしく教育せよ。

 そうすれば、年老いても、それから離れない。

箴言 22章6節

愛する家族を守るために健康を維持する目標を持つ

聖書には肉体の鍛錬が少しは有益だとはっきり書いてあります。

肉体の鍛錬も少しは有益ですが、今のいのちと来たるべきいのちを約束する敬虔は、すべてに有益です。

テモテへの手紙 第一 4章8節

※この箇所の正確な文脈としては「肉体の鍛錬よりも敬虔さの鍛錬の方が有益だよ」です

バランスを持って鍛錬する分には有益ということでしょう!笑

そのためにもまず結婚して新婚旅行で一気に70kg近くまで体重が増えたので、適正体重まで減らします

私はチビデブハゲの3拍子揃ったバランスの良い人間なのです。

この中でデブだけは深刻化すると健康被害が出てしまい家族に迷惑がかかる。

しかし「運動以外に目標がないと運動したくない」と心まで太っている私

そこでUberEatsの自転車配達員を始めました。

週1,2回ほど2,3時間自転車で有酸素運動に取り組みます。

昨年末から取り組んでいますが、意外に面白いので続けられそうです。

体重は途中経過報告や最終報告に乞うご期待(笑)

愛する家族を養うために仕事の目標を持つ

2019年11月に転職して研究者から営業職になりました。

営業職は未開拓分野であるため学ぶことがたくさんあります。

家族を養うために仕事も目標を持って取り組んでいきたいと思います。

インサイドセールスについて学ぶ

新型コロナウィルス感染拡大で働き方がガラッとかわりました。

必然ですが営業もそのスタイルに変化が求められています。

具体的には非対面営業であるインサイドセールスを学ぶ必要が出てきました。

書籍「The model」などのビジネス書から、Face to Faceではないセールスを身につける機会としたいです。

マーケティングについて学ぶ

営業は業界動向を探ったり決算報告書から投資余力や意欲を分析したりと、マーケティングスキルを身につけると効率的に提案活動を行うことができます。

マーケティングについて学ぶことで転職などにも有利になるため、キャリアにもプラスになるので学びます。

家族や友人に有用な情報を届けるためにブログ目標を持つ

実はマムレ日記はホームスクールのリアルを伝えたくて運営しているブログです。

これまで子どもが生まれていなかったのでほとんど発信できていませんでしたが(笑)

ただ夫婦生活や投資について勉強するなかで大切だと思うことは伝えてこれました。

今年も夫婦で続けていきます。

マムレ日記に年間50記事を投稿する

毎月4記事ペースを想定して、年間50記事ほど作成します。

子育てのことなど夫婦で学ぶなかで有用だと思った情報を発信し続けたいと思います。

年間累計10,000PV

マムレ日記が年間で10,000回読まれることを目指します。

2020年12月時点で月間700PVほどご利用いただいています。

たくさん読まれることが目標ではありませんが、よりよい情報発信を目指せば結果的に多くの人に読んでいただけると思っています。

ちなみに私の記事よりも妻の記事の方がたくさん読まれています(笑)

クリスチャン・ファミリーとしての目標を持つ

私たち夫婦は聖書を信じるクリスチャンです。

聖書の神様を人生の中心とするクリスチャン・ファミリーとして成長していきたいと願っています。

神様を中心とした生活をおくるために良い習慣を持つ

毎日・毎週のよい習慣が1ヶ月後、1年後の自分たちを作っていくことになります。

クリスチャンとしての成長を願うなら、成長できるよい習慣を身につける必要がありますよね。

最近夫婦で取り組んでいるのは、毎日寝る前に夫婦で一言祈ることです。

今年は「朝食を食べたら私から5分程度の分かち合いをする」「1日1人祈りに覚える」ことを習慣化したいと思います。

クリスチャンをクリスチャンたらしめるものの1つが祈りですからね。

家庭を開放して交流の場とする

クリスチャンとして食事の交わりの場を大切にしたいと夫婦で願っています。

そのため我が家では今年の目標を「10人の人がアポ無しで当日家に来ても、喜んで迎えられる体制を整える」としました。

椅子10脚、箸やスプーンなど各10本、大皿数枚などなど…

(こんな心強い人がいるかわかりませんが)「今日はマムレ夫妻宅で夕食食べようかな」という気軽さで訪問してもらえたら嬉しいです。

どんな形でもいいので月に2,3回は人をお招きして交流の場とできたらいいと思っています!

【こんな記事もおすすめ

クリスチャンとしての成長には、聖書を読んだり学んだりすることが切っても切り離せません。

この記事を書いた人
りょう

某都立大学院で化学専攻。大手企業で5年間最先端研究開発に携わった後、日立系IT企業で営業として活動中。

愛妻と娘の3人暮らしでホームスクール中。
将来は子ども食堂の運営、クリスチャンスクール、異世代間シェアハウスの設立を目指しています。

りょうをフォローする
スポンサーリンク
マムレ日記|クリスチャン夫婦のセミリタイアとホームスクール
タイトルとURLをコピーしました