聖書・クリスチャン向け

【まとめ】クリスチャン夫婦が聖書の各書簡を3分でさくっと学ぶ

スポンサーリンク

りょう
りょう

こんな疑問をお持ちの方におすすめの記事!

  • 聖書の書簡はたくさんあるけど1つ1つは何が書いてあるか知りたい
  • 聖書の各書簡について、ざっくりでいいから時代背景やテーマを知りたい

聖書は創世記をはじめとして、旧・新約聖書は合わせて66巻の書簡で成り立っています。

しかしそれぞれの書簡でどのようなことが書かれているかイマイチわからない思いませんか?

なかなか時間をとって学ぶにしても66巻は多すぎるし、大変ですよね。

でも実は本当にざっくりでいいので、各書簡の時代背景やテーマを把握することは聖書をより楽しく、より正しく読む上でとても有益です。

なぜなら私も実際に66巻の各書簡を1週間に1つずつまとめた経験を通して、本当に豊かな祝福をいただいたからです。

りょう
りょう

多様な時代背景、著者、状況を通して、主のご人格を豊かに知ることができました!

この記事では、夫・りょうと妻・あーが実際に66巻の聖書を1つ1つまとめた記事をご紹介します。

1書簡だいたい3分で概要を学ぶことができますので、気になる書簡がありましたらタイトルからその書簡のまとめをお読みください!

なお書簡のまとめ方については以下の記事に具体的に記載しました。

聖書を読み始めたばかりの方、信仰を持って間もない方向けに書いたので、私もやってみたい!と思われたご参考にどうぞ!

※2020年4月から夫婦でまとめ始めたばかりです。すべての書簡が完了するのはまだまだ先が長いので暖かい心でお付き合いください!

旧約聖書の各書簡

旧約聖書を1つ1つまとめています。

モーセ5書(歴史書)のまとめ

【創世記】さくっと学べる聖書の書簡まとめ

1.創世記:Genesis

2.出エジプト記:Exodus

3.レビ記:Leviticus

4.民数記:Numbers

5.申命記:Deuteronomy

歴史書のまとめ

6.ヨシュア記:Joshua

7.士師記:Judges

8.ルツ記:Ruth

9.第一サムエル記:1Samuel

10.第二サムエル記:2Samuel

11.第一列王記:1Kings

12.第二列王記:2Kings

13.第一歴代誌:1Chronicles

14.第二歴代誌:2Chronicles

15.エズラ記:Ezra

16.ネヘミヤ記:Nehemiah

17.エステル記:Esther

詩書のまとめ

18.ヨブ記:Job

19.詩篇:Psalms

20.箴言:Proverbs

21.伝道者の書:Ecclesiastes

22.雅歌:Song of Songs

預言書のまとめ

預言書は大預言書と小預言書に分類できます。

同じようなことが書いてあるようで、時代背景や誰あてに書かれたかなどが異なるので、それぞれの書簡から特徴あるメッセージをいただく事ができます。

大預言書のまとめ

23.イザヤ書:Isaiah

24.エレミヤ書:Jeremiah

25.哀歌:Lamentations

26.エゼキエル書:Ezekiel

27.ダニエル書:Daniel

小預言書のまとめ

28.ホセア書:Hosea

29.ヨエル書:Joel

30.アモス書:Amos

31.オバデヤ書:Obadiah

32.ヨナ書:Jonah

33.ミカ書:Micah

34.ナホム書:Nahum

35.ハバクク書:Habakkuk

36.ゼパニヤ書:Zephaniah

37.ハガイ書:Haggai

38.ゼカリヤ書:Zechariah

39.マラキ書:malachi

新約聖書の各書簡

新約聖書の書簡を1つ1つまとめています。

歴史書のまとめ

40.マタイの福音書:Mattherw

41.マルコの福音書:Mark

42.ルカの福音書:Luke

43.ヨハネの福音書:John

44.使徒の働き:Acts

手紙のまとめ

新約聖書の中にはパウロがある地域の教会に向けて書いた手紙もあれば、多くのユダヤ人に向けて書いた手紙、また個人宛に書かれた手紙があります。

パウロ書簡のまとめ

45.ローマ人への手紙:Romans

46.コリント人への手紙第一:1Corinthians

47.コリント人への手紙第二:2Corinthians

48.ガラテヤ人への手紙:Galatians

49.エペソ人への手紙(獄中書簡):Ephesians

50.ピリピ人への手紙(獄中書簡):Philippians

51.コロサイ人への手紙(獄中書簡):Colossians

52.テサロニケ人への手紙第一:1Thessalonians

53.テサロニケ人への手紙第二:Thessalonians

54.テモテへの手紙第一(牧会書簡):1Timothy

55.テモテへの手紙第二(牧会書簡):2Timothy

56.テトスへの手紙(牧会書簡):Titus

57.ピレモンへの手紙(獄中書簡):Philemon

公同書簡のまとめ

58.ヘブル人への手紙:Hebrews

59.ヤコブの手紙:James

60.ペテロの手紙第一:1Peter

61.ペテロの手紙第二:2Peter

62.ヨハネの手紙第一:1John

63.ヨハネの手紙第二:2John

64.ヨハネの手紙第三:3John

65.ユダの手紙:Jude

預言書のまとめ

66.ヨハネの黙示録:Revalations

聖書通読1日40章チャレンジもおすすめ

聖書全体の流れや書簡間のつながりがが分からない…と感じたことはありませんか?

実は1ヶ月間集中して聖書を読む事で、ざっくりとそれらを掴む事ができます

私も実際にやってみて聖書の流れとても良くわかるようになり、特に旧約聖書と新約聖書の関連性の理解が深まりました。

かなりチャレンジングですが、聖書通読1日40章チャレンジも書簡まとめと同じくらいおすすめです!

God bless you!

この記事もおすすめ

私たち夫婦の信仰について紹介している記事です。

キリスト教信仰でいちばん大事なのは、どれだけ信仰深いかではなく何を信じているかです。

同じ信仰の土台に立っているかどうか、遠慮なく確認いただけたらと思います!

クリスチャン人口が1%以下と言われる日本において、信仰書はあっという間に絶版になってしまいます。1000部売れたら大ベストセラーだとか。

学生時代に名だたる絶版信仰書をなんとかして手に入れた妻のノウハウを公開します。

最終手段まで使えば、多少の手間はありつつも欲しい本が絶対に手に入りますよ!

聖書の中にも賛美歌がたくさん出てきます。

そして賛美歌は現代においても作られています。クリスチャン夫婦が心からおすすめするクリスチャンミュージックを紹介してます。

この記事を書いた人
りょう

某都立大学院で化学専攻。大手企業で5年間最先端研究開発に携わった後、日立系IT企業で営業として活動中。

愛妻と娘の3人暮らしでホームスクール中。
将来は子ども食堂の運営、クリスチャンスクール、異世代間シェアハウスの設立を目指しています。

りょうをフォローする
スポンサーリンク
マムレ日記|クリスチャン夫婦のセミリタイアとホームスクール
タイトルとURLをコピーしました