夫婦生活

【毎週1回夫婦の時間】夫婦関係を深める習慣を持とう

スポンサーリンク
りょう
りょう

こんな疑問をお持ちの方におすすめの記事!

  • 色々話し合いたいけれど夫婦の時間が持てない!
  • いざ夫婦で話す時間を持つ時に、どんな事話し合っているの?
  • 夫婦で話しておくと良かった!って話題を教えて!

結婚した後も夫婦関係をますます深めていく習慣を持ちたいと思いつつも、具体的にどのような習慣を持ったら良いかアイデアが出ず悩んでいませんか?

実は週に1回1時間ほど夫婦の時間を持つだけで、夫婦関係は驚くほど深くなっていきます。

なぜなら関係性を深めるために時間を共有することは必要不可欠だからです。

また結婚して同じ家に住むことでお互いの常識がぶつかり合い、そのすり合わせに話し合う時間が多く必要でもあるからです。

実際に私たち夫婦も結婚したばかりの頃は、お互いの事について知らない事が山のようにありました。

しかし毎週1時間だけでも夫婦で話し合うなど時間を過ごすことで、普通に過ごすことでは知り得ないほどを深くお互いを知ることができるようになりました。

今回は私たち夫婦がお互いを知り、お互いの間に結ばれる絆をますます深く強固なものとするために、日常的に持っている習慣についてご紹介いたします!

この記事を読むことで、週に1時間という時間が夫婦関係にどれほど大きな影響をもたらすのかを知ることができます。

りょう
りょう

あなたの家庭にフィットする形があると思いますので、1つの事例としてあなたの家庭を豊かにするヒントになれば幸いです!

毎週1回は夫婦で一緒に話し合う時間を持とう

毎週1回は夫婦で一緒に話し合う時間を持とう

私たち夫婦は毎週1回定期的に話し合う時間を設けています。

なぜなら私たち夫婦にとって喜んで時間を確保できる最も心地よい頻度だからです。

具体的には毎週火曜日19時〜21時の間で1~2時間ほど確保しています。

この時間の目的はいろいろありますが大きくは2つあります。

1つは夫婦生活の中のすれ違いを話し合って解決することです。

夫婦で一緒に生活するようになるといろいろな違いに気づきます。

洗濯物の干し方、食事の食べ方、何かお願いするときのお願いの仕方などなど。

あーちゃん
あーちゃん

その違いが悪いのではなく、またどちらかが優れているわけではありません。

その違いをいかに知る事を目的にしています。

自分にとってはどちらでもいいような小さなことでも、相手にとっては気になったり重要であったりすることがあります。

どうしてそう考えるのか。何に対してどう感じるのか。
そういった違いを通して相手のことを深く知ることができます

りょう
りょう

私たちの場合、この小さな違いが大きなケンカの火種になることがあります。

だからこそ小さなことだと軽んじないで、定期的に話し合っていました。

またお互いが言いたいことを言っても相手が受け止めてくれて、お互いの関係が変化しない安全な関係である事を確かめる練習にもなります。

あーちゃん
あーちゃん

私の場合はついつい黙ってしまいます。

だからこういった小さな事で意見を言う練習ができる機会があるのは助かっています!

もう1つの目的は難しいことは考えずに夫婦でゆったり時間を過ごすことです。

毎週夫婦の時間を設けるようにしていますが、時に体調が悪かったりして話し合う気分になれない時があります。

そんな時はよほど緊急な事が無い限りは何も話し合いません。

リラックスできる音楽をかけて、電気の明かりではなくキャンドルの明かりを灯して、結婚式の思い出のジュースを飲みながら、ただ2人でリラックスした時間を過ごすようにしています。

りょう
りょう

この時間は何か議題を決めたり話し合ったりしません。

ただリラックスして相手とゆったりと時間を過ごせることに感謝してます!

あーちゃん
あーちゃん

正直なにを話したか覚えていないような事が多いですが、それでもゆったり過ごす時間は関係を深めてくれます!

お互いの違いを知る、ゆったりした時間を過ごす。

こんな2つの目的の見据えながら、毎週1回夫婦で過ごす時間を取るようにしています。

定期的に夫婦で話し合う時間を持つことのよさ

定期的に夫婦で話し合う時間を持つことのよさ

夫婦で定期的に時間を過ごすことでどんな良さがあるのでしょうか。

りょう
りょう

私が気づけないような、言葉に出てこない相手の関心事や悩みを知ることができます。

あーちゃん
あーちゃん

普段言うほどでもないんだけれど、ついでだから言えちゃう事がありますね。

「実は○○が気になっていたんだぁ…」って感じ!

りょう
りょう

相手の不満や心の声を聞く準備をしているので、自分が正すべきことなどを受け止めやすいです。

私は日常の中で突然指摘されるとつい苛立って受け止められなかったり、がっかりしてしまうことがありますが、心の準備ができているのはいいですね。

あーちゃん
あーちゃん

リラックスした時間を柔軟にとってくれるのは嬉しいです!

疲れた時は自分に正直にやめようって言える練習になりますし、リラックスして過ごす時間も自然と心を深めるものとなりますね。

りょう
りょう

こんな仕事をしてみたい、将来子ども食堂をやってみたい、などなど将来のビジョンについても時間をとって話し合えるので家庭のビジョンに一致を生み出せます。

とまぁやってよかったことは尽きません。

ただあくまで私たちにとってはこの形が良かったと思っています。

そのためそれぞれの夫婦によって違いがあるかもしれません。

一緒にアクティビティーに取り組むのが良い夫婦もいるでしょう。
手紙やプレゼントを送り合うような取り組みがマッチする夫婦もいるかもしれません。

ぜひ1ヶ月だけでもやってみて夫婦で過ごす時間の素晴らしさを体験してみてください!

具体的に私たち夫婦が話し合っている事

夫婦の時間を毎週持っています、と友人知人に伝えると

毎週ってすごいね。

具体的に何を話し合ってるの?

そんなに毎週話し合うことあるの?

と聞かれます。

ここでは具体的に私たちが話し合ったことについてまとめてみます。

夫婦の時間の目的と内容について

まず私たち夫婦は始める前にこの時間の目的とどんな風に過ごしたいかなどを話し合いました。

たとえば5W1Hに沿ってみたり、この会の名前を決めてみたりしました。

●会の名前:マムレタイム
●目的(why):①夫婦の関係を育む、②中・長期のビジョンの一致
●何を話すか(what):お互いの悩みや関心事
●いつ開催か(when):毎週火曜日の20時から。定時退勤が必須。
●どこでか(where):家のリビングやベッド
●どのようにやるか(how):ゆっくり話し合いながら

りょう
りょう

別に決めなくても進められると思いますが、私たち夫婦は言葉ではっきり共有したかったのでこのように最初に話し合いました!

過去について:一緒に過ごしてみて気づいたこと

それまで一緒に過ごしてみて気づいたことについて話し合っています。

嬉しかったこと、感謝していることだけでなく、不満に思っていること、こんな風にしてほしいという要望事項などなど、お互いが感じたことを正直にざっくばらんに伝えあっています

  • ケンカしたり話し合ったりする時に態度が怖いので優しく話してほしい(あーからりょうへの要望)。
  • 自分が嫌だと感じた感情を否定しないで受け止めてほしい(りょうからあーへの要望)。
  • お手紙を書いてくれて嬉しかった。
  • 扁桃炎で辛くて何もできない時に親身になってサポートしてくれてとても助かった。
  • 結婚して数ヶ月過ごしてみたけど家計はどんな状況か。
  • ホームスクール経験者に訪問したいとご連絡した結果、お返事いただきました。

注意点としては「相手の話をよく聞く」ですね。

ついつい言い訳したくなってしまいますし、自分はそんなつもりはなかったと弁解してしまいがちです。

りょう
りょう

でも言い訳するとパートナーがせっかく勇気を出して伝えてくれたのにそれをないがしろにしてしまいます。

自分がどのようなつもりであれ、相手が感じたことを尊重し相手の意見として受け入れる姿勢が重要であると学びました。

お互いの違いを知り、どんなことを考えて、どんな風に感じ、どんな風に反応しているのか。

あーちゃん
あーちゃん

私はその瞬間はなかなか言葉にできないのですが、振り返って言語化できる部分もあります。

改めて時間をおいて話し合うことで、冷静になって気持ちを言語化して伝える事ができます。

また改めて感謝を伝えることで、本当に自分が相手に支えられている事を伝える事もできます。

お互いを深く深く知る事ができる時間です!

将来について:夫婦の将来のあり方や過ごし方など

今後どんな夫婦になりたいか、どんな風に一緒に時間を過ごしていきたいか、などについても話します。

自分たち夫婦が1年後、10年後にどうなっていたいか、なんとなくそれぞれが考えているので、それを夫婦で話し合いながら一致する事を目指しています。

  • 親になる準備をするために「聖書が勧める親の道」を2週間に1章読んで分かち合う時間を持ちたい。
  • 自分たちの家族を大切にする夫婦になりたいから実家に帰省する計画をたてたい。
  • 春先になったらアスレチックデートしたい!
  • ホームスクールを行うためにはホームスクールについて知る必要がある。だからホームスクール経験者のお宅へ訪問したい。
  • 定期的に家庭を開放して人を招いて交流したい!
  • いろいろな夫婦のあり方を知りたい。そのために大草原の小さな家をみたり、家庭訪問をしたい。

などなど。

りょう
りょう

へぇーそれいいね!とサクッと決まることもありますが、なかなか難航することもあります笑

あーちゃん
あーちゃん

将来どんな所に住みたいかとかはまだまだ話し合っている途中だよね〜。

それでも定期的に2人で話しあっていくなかで、少しずつ考えが一致したり相手の心を理解できるようになってきました。

夫婦が現在から将来に渡って一致するために、日頃から方向性を共有しています。

りょう<br>
りょう

長期的なスパンで家族の将来を考えるのは夫の役割です。

日頃考えている家庭の将来について最も近くでサポートしてくれる妻にしっかりと理解してもらえるというのは嬉しいものです。

まとめ

  • 毎週1回夫婦で過ごす時間を持つことで夫婦の絆は深まる!
  • 将来やこれからしたいことについて、また嬉しかったことや悲しかったことについてなど、なんでも分かち合う事が充実した時間となるポイント
  • お互いの違いに向き合うことで、お互いをよく知り理解できる

このように小さな事から大きな事まで色々と話し合うことができています。

私たち夫婦にとってこうやって時間をとって話し合う習慣を持つことができるのは、お互いを深く知り関係を構築する上で本当によい時間です。

ぜひあなたも夫婦生活を充実させるために、定期的にパートナーと過ごす時間を持ってみてください!

今まで知らなかった一面を知ることができるかもしれませんよ!

God bless you!

関連記事

個人的な違いを理解することも重要ですが、男女の違いも理解するとより深く相手を理解することができます。
男性は尊敬されたいですが、女性は愛されたいのです。男女の違いを理解する本を一緒に読みすすめるのもおすすめです。

愛が伝わる方法は大きく分けて5タイプあると言われています。
それは言語のように異なり、ラブランゲージ(LoveLanguage)が異なると愛がうまく伝わりません。パートナーのラブランゲージを理解して、相手に伝わる方法で愛を伝えましょう。

この記事を書いた人
りょう

某都立大学院で化学専攻。大手企業で5年間最先端研究開発に携わった後、日立系IT企業で営業として活動中。

愛妻と娘の3人暮らしでホームスクール中。
将来は子ども食堂の運営、クリスチャンスクール、異世代間シェアハウスの設立を目指しています。

りょうをフォローする
スポンサーリンク
マムレ日記|クリスチャン夫婦のセミリタイアとホームスクール
タイトルとURLをコピーしました