夫婦生活

【書評】『愛されたい妻と尊敬されたい夫』から妻は愛されたいことを学ぶ 〜妻の巻〜

スポンサーリンク
りょう
りょう

こんな疑問をお持ちの方におすすめの記事!

  • 夫が私のことを全然愛してくれない!
  • 妻は僕のことを全く尊敬してくれない…
  • 結婚生活ってどうしてすれ違うことが多いんだろう?

結婚によって深められる夫婦の愛はこの世で最も尊いものではないでしょうか。

家庭を築く上で夫婦関係というのは最も重要な要素の1つです。

しかし結婚生活は決して簡単なものではありません

夫婦の絆をより深く濃くするためには、夫婦が互いを深く理解し合う事が必要不可欠になります。

今回は夫婦の違いを理解するために、男性と女性のそれぞれの性質についてまとめられた本を紹介します。

この記事を読むことで夫は妻に・妻は夫に対してどのように接するべきなのかを、感覚でなく言語化して明確に理解できるようになります。

愛されたい妻と尊敬されたい夫の要約

愛されたい妻と尊敬されたい夫

著者:エマソン・エグリッ

原著:Love & Respect

男女の違いを理解せず結婚生活を歩むと狂ったサイクルが回りだす。

しかし違いを理解する時、夫婦の間の愛が活性化する活性化サイクルが回りだす

いつまでも愛し合う夫婦を目指して、違いを知り、受け入れ、尊敬と愛を示すサイクルを回そう。

<ポイント1>妻は愛されたいが、夫は尊敬されたい
<ポイント2>女性の愛を感じるポイントはCOUPLE
<ポイント3>男性の尊敬を感じるポイントはCHAIRS

ポイント3男性の尊敬を感じるポイントCHAIRSは『愛されたい妻と尊敬されたい夫』から夫は尊敬されたいことを学ぶ〜夫の巻〜【書評】をお読みください。

妻は愛されたいが、夫は尊敬されたい

いきなりですが質問です。

「あなたのこと尊敬してます」と言われるのと
「あなたのこと愛しています」と言われるの。

どちらが心に響きますか?

男性は尊敬を選び、女性はを選んだのではないでしょうか。

こんなアンケート結果があります。

Q.あなた(男性)が妻とぶつかったときに感じるのはどっち?

A.自分は妻に尊敬されていない。
B.自分は妻に愛されていない。

集計結果:81.5%の男性がAを選択

Shaunti Feldhahn, For Woemen Only: What You Need to Know about the Inner Lives of Men(Portland, Ore.: Multnomah,2004)

このことから一般的に男性は尊敬を求め、女性は愛を求める傾向があるとわかります。

つまり何も意識しないと、夫は妻を尊敬しようとし、妻は夫を愛そうとするのです。

しかし妻は尊敬を求めていませんし、夫は愛を求めていません

その結果

夫代表<br>りょう
夫代表
りょう

妻は全然私を尊敬してくれない!

妻代表<br>あーちゃん
妻代表
あーちゃん

夫は全く私を愛してくれない

というすれ違いが起きてしまうのです。

こうなると、夫は妻から尊敬されないのでますます妻を愛さないようになり、妻は夫から愛されないのでますます夫を尊敬しないようになります。

この狂ったサイクルという悪循環が回りだすのです。

夫婦の違いによる狂ったサイクル
夫婦の違いを理解できずに狂ったサイクルが回りだす

ではこの狂ったサイクルに入らないために、またすでに回りはじめていたらどのようにすればよいのでしょうか。

答えはシンプルであなたが行動するのです。

妻は夫から愛されていないかもしれないけれど、まず夫を尊敬してみてください

夫は妻から尊敬されていないかもしれないけれど、まず妻を愛してみてください

まずあなたから与えるのです。

こうして活性化サイクルを回していくのです。

本書は具体的にどのようなポイントで夫や妻が尊敬や愛を感じるのか紐解いてくれます。

女性が愛を感じるポイントはCOUPLE

では女性はどのようにして愛を感じるのでしょうか。

著者は頭文字をとってCOUPLEで覚えようと提案しています。

女性が愛を感じるポイントまとめ

COUPLE

Clonseness:仲睦まじくしてほしい

Openness:心を閉ざさないでほしい

Understanding:話を聞いてほしい

Peacemaking:謝ってほしい

Loyalty:心変わりしないでほしい

Esteem:大事にしてほしい

Clonseness:仲睦まじくしてほしい

奥さんは優しい目つき・ほほえみ・タッチを通して奥さんへ仲睦まじくしたいと伝えるなら、奥さんは愛を感じることができます。

だから顔と顔を合わせて話し、妻の心がどこにあるのかを知ろう、妻のことを心に留めようと努めましょう

女性が会話を好むのは、お互い目をみて心と心を通わせたいからなのです。

あーちゃん
あーちゃん

女性は心の結びつきを願っています!

夫婦で以下の実践案をどう感じるか話してみよう!
  • 手をつなぐ、抱きしめる
  • ふたりだけで見つめ合い、笑い合う

Openness:心を閉ざさないでほしい

女性は開放性があり、夫と心を通じ合わせて愛を確かめたいと考えます。

そのため妻は毎日夫婦の愛を確認しておきたいとすら思うのです。(夫の皆さんいいですか?毎日ですよ?)

愛しているからこそ、夫に近づき心の内側を知ろうとするのです。

一方で男性は閉鎖性があり、問題があったとしても反応をうまくコントロールすることに長けています。

夫は無意識的には心を閉ざす閉鎖性があるため、意識的に妻と心を通じ合わせることで妻は愛を感じることができます。

夫婦で以下の実践案をどう感じるか話してみよう!
  • ちょっと話そう、と言い妻の気持ちや意見を聞く
  • 家計の心配、将来設計などを分かち合う

Understanding:話を聞いてほしい

妻は解決しなくていいのでただ話を聞いてほしいのです。

一方で男性はすぐに分析し、答えを出し、解決したがります。

そのためただ話を聞いてもらえればいいというのは、男性には納得して理解することはできません

私は妻が何か相談ごとがあるを話す時にこう聞くようにしています。

りょう
りょう

これは話を聞いてほしいの?

それとも解決してほしいの?

すると妻は

あーちゃん
あーちゃん

聞いてほしいの!

とか

あーちゃん
あーちゃん

聞いてほしいの!

とか答えてくれます。

だから聞いてほしいと言われた場合は特に解決せず共感したり相槌をうったりします。

これでいいのかどうか不安になりますが、とにかく信じて話を聞くのです。

すると妻はスッキリして、話を聞いてもらえたと満足して愛を感じるのです。

夫は妻にとってその日にあったことを分かち合うのがどれほど大切な事か、もっと真剣に受け止めなければならないなと思いました。

夫婦で以下の実践案をどう感じるか話してみよう!
  • 頼まれない限り、あえて問題を解決しようとはしない
  • 気持ちを話しているときに、口を挟まない

Peacemaking:謝ってほしい

女性にとってごめんなさいと謝ることは愛情が増し加わる行為なのです。

女性の喧嘩の解決法はお互いの言い分を言い合うことです。
お互いがすべてを吐き出して、最後には相手の許しをこいます。
これでお互いの関係が深まるのです。

だから内心ほとんど妻のせいだと思っていても、衝突したらとにかく謝るのです。

またときに妻が後日また同じ事を蒸し返してきます

しかし夫のみなさん、諦めないでください。

何度で過去が蒸し返されようとも、妻を愛するために謝ろうではありませんか!

これが女性にとっての和解の方法であり、愛が増し加わる方法なのです。

夫婦で以下の実践案をどう感じるか話してみよう!
  • 自分の過ちを認め「ごめん、ゆるしてくれる?」と謝る
  • 未解決な問題を解決し、決して「忘れろ」とは言わない

Loyalty:心変わりしないでほしい

妻は自分だけを愛し続けて欲しいと願っています。

妻が夫に「私のこと愛してる?」と聞くのは、愛してくれているとわかってはいても確認したいからなのです。

夫の愛と忠実さを疑わない妻は元気がでます。
だから生きている限り君を裏切ることはないと何度でも伝えましょう

ロバートソン・マクルキンというクリスチャンの実例がありましたので紹介します。

ある日妻がアルツハイマー病になり、22年間努めたコロンビア聖書大学の学長を辞任しました。

妻の病気が進行すると、夫の僅かな不在にも耐えられなくなりました。

ロバートソンさんは「42年前、私は妻ミリエルに、健やかなるときも病めるときも、死が二人を分かつまで、妻を愛し、敬い、慰め、助けると約束しました」と言いました。

妻は42年の間ずっと献身的に尽くしてくれたのだから、これからの40年間彼女の世話をしたとしても、私の借りは返しきれるものではない」と。

「彼女を看取るときも、彼女は私の人生の喜びなのです」と。

この妻に対する忠実さこそ、妻を最も安心させ、妻が愛を感じる要素なのです。

りょう
りょう

夫のみなさん。

いつまでも妻に一途で居続けるといつも妻に伝えましょう!

夫婦で以下の実践案をどう感じるか話してみよう!
  • 人前で妻や子どもについて肯定的に話、ほめる
  • 他の女性に関心を向けない

Esteem:大事にしてほしい

妻には1日の終わりに夫は私を愛し評価してくれるという安心感が必要なのです。

そのため記念日や家族の誕生日は特別に大切です。一緒に祝うことで愛を示しましょう。

りょう
りょう

大きなプレゼントをしなくても大丈夫です。

我が家ではキャンドルを活用しています!

そして妻は心を読み取ってもらうことで大事にされていると感じます。

たとえば「記念日は外食にしたいんだけど、どこに行きたい?」と妻に聞きたときこんなやりとりはありませんか?

あーちゃん
あーちゃん

あら、どこでもいいわ。

りょう
りょう

そうか、それじゃああのステーキハウスはどう?

お肉が美味しそうだからそこに行こうか。

あーちゃん
あーちゃん

あそこは、いや。

りょう
りょう

…ん?(´・ω・`)?

著者のエグリッチさんはこう言い切ってます。

著者<br>エマソン・<br>エグリッチ
著者
エマソン・
エグリッチ

こういう時に男性は普通苛つきます。

こんな理不尽で、非論理的で、腹立たしい返事の仕方はないと思うでしょう。

りょう
りょう

そうだそうだ!

よく言ってくれた!

しかしここで忍耐を働かせる必要があります。

妻は要するに心を読み取ってほしいのです。

あーちゃん
あーちゃん

本当に何でもいいわけじゃないのよ。

ただ心を汲み取ってほしいの。

りょう
りょう

夫たちよ、一緒に頑張りましょう!笑

夫婦で以下の実践案をどう感じるか話してみよう!
  • すべてに感謝し、妻のしていることに感謝を示す
  • ドアを開けてあげる、髪型や服が変わったことに気づいてあげる

妻が愛を感じる方法で愛を伝えよう

女性が愛を感じるポイントまとめ

COUPLE

Clonseness:仲睦まじくしてほしい

Openness:心を閉ざさないでほしい

Understanding:話を聞いてほしい

Peacemaking:謝ってほしい

Loyalty:心変わりしないでほしい

Esteem:大事にしてほしい

妻が愛を感じる方法について、いずれも夫からするとあまり実感できない方法が多いでしょう。

だからこそ妻の声をよく聞く必要があります。
本当にこれが嬉しいの?これで愛を感じるの?と。

妻の声を聞かずに狂ったサイクルが回り続け疲弊するか。
妻が愛を感じる方法を実践し活性化サイクルを回し続け夫婦の絆を深めるか。

日々のほんの小さな決断が、あなたの結婚生活を大きく変えることになります。

ぜひ本書を手にとって夫婦で話し合ってみてください。

心の底から驚かされること間違いなしです。

夫婦の絆を深める答えはシンプルです。

あなたが行動するのです。

妻は夫から愛されていないかもしれないけれど、まず夫を尊敬してみてください

夫は妻から尊敬されていないかもしれないけれど、まず妻を愛してみてください

まずあなたから与えましょう。

God bless you!

関連記事

男性編もありますので夫の性質を理解するために合わせてお読みください!

結婚や出産に対する想いは男女で大きく異なる事が多いです。

特に女性は結婚や出産への想いが強く、男性はなかなか理解してあげられません。

しかし仕事に例えるとよく理解できると思います。

この記事を書いた人
りょう

某都立大学院で化学専攻。大手企業で5年間最先端研究開発に携わった後、日立系IT企業で営業として活動中。

愛妻と娘の3人暮らしでホームスクール中。
将来は子ども食堂の運営、クリスチャンスクール、異世代間シェアハウスの設立を目指しています。

りょうをフォローする
スポンサーリンク
マムレ日記|クリスチャン夫婦のセミリタイアとホームスクール
タイトルとURLをコピーしました